桜開花情報2016は終了しました。
ご覧いただきありがとうございました。

Huyen先生のベトナム風お花見弁当

チャーチュンやおこわは蒸して具材のうまみをぎゅっと凝縮させます。チャーチュンはひし形、おこわはまん丸に盛り付けて華やかに。おこわは東洋のバニラと言われるパンダンリーフと相性抜群のココナッツで風味付けします。エビフレークや漬物の唐辛子にんにく酢は、インスタントラーメンなど他の料理に混ぜてもおいしい優れもの。緑豆ぜんざいはガラス瓶や透明のプラスチック容器ならココナッツミルクとの二層の外見も楽しめます。

#1ベトナム風卵焼き チャーチュン #2おこわ パンダンリーフの香り ドラニキ #3エビフレーク #4炒め野菜 #5簡単なきゅうりの漬物 #6緑豆ぜんざい
  • Huyen先生 首都ハノイ出身。2年半前に来日後、Skype(スカイプ)で母と祖母から料理を教わる。現在は築数十年の一軒家をDIYで日々リフォーム中。「壁は自分で白く塗りました。IKEAを参考に、台所も全てお手製。ナチュラルなフレンチテイストが好き」とカーテンやペンダントランプ、時計を白いレース模様でそろえ、台所は温もりあふれる癒やし空間に。 この先生の料理教室に参加したい方はこちら!

#1 ベトナム風卵焼き チャーチュン

材料(4人分)

  • 干しシイタケ小サイズ10個
  • きくらげ2枚
  • 春雨20g
  • 豚ひき肉200g
  • ベトナムの小ネギ(みじん切り)大さじ3
  • ヌクマム大さじ1
  • こしょう少々
  • サラダ油大さじ1
  • 3個
  • 装飾用パクチー適量

作り方

  • シイタケ、きくらげ、春雨を50℃前後のお湯に15分浸して戻します。水を切ったらシイタケときくらげはみじん切り、春雨は長さ2cmに包丁で切ります。ベトナムの春雨は日本の一般的なものより細めです。太さによって戻し時間を調節しましょう。
  • ボールにひき肉、みじん切りにした小ネギ、(1)の具材、ヌクマム、こしょう、サラダ油を入れてよく混ぜます。ベトナムの小ネギは皮が紅色で、小さな玉ねぎのような形をしています。香りのよさが特徴です。手に入らなければ万能ネギの根本の白い部分でも代用できます。
  • 卵3個のうち1個だけ黄身を取り出し、残りの白身と卵2個を合わせて溶きます。溶き卵を(2)のボールに入れてさらに混ぜます。
  • 四角いバットか耐熱容器にクッキングシートを敷いて具材を流し込み、スプーンの背で平らにならし、沸騰した蒸し器に入れて中火で20分ほど蒸します。
  • (3)で1個だけ取り出した黄身を溶いておきます。蒸している具材は爪楊枝で刺して中身が付かなければ、表面に溶いた黄身をはけでたっぷり塗り、さらに3分ほど蒸します。卵が固まったら火を止め、容器から出して完全に冷めてからひし形に切ります。パクチーを飾って完成です。
Huyen先生からのポイント! チャーチュンが温かいうちは崩れやすくなっています。しっかり冷ましてから、慎重にそうっと切りましょう。

#2 おこわ パンダンリーフの香り

材料(4人分)

  • もち米2合(約300g)
  • パンダンリーフエッセンス小さじ1と大さじ1
  • ココナッツミルク100ml
  • 小さじ1/4
  • 砂糖大さじ1/2
  • 装飾用のココナッツ、パンダンリーフ適量

作り方

  • もち米は洗ってたっぷりの水とパンダンリーフエッセンス小さじ1を混ぜたものに一晩(約6時間)つけた後、ざるにあげて水を切ります。
  • 沸騰した蒸し器の中にもち米を入れて、中火で蒸します。10分後、蒸し器のもち米にココナッツミルク50mlを加えてよく混ぜ、さらに10分蒸します。
  • 残りのココナッツミルク50mlにパンダンエッセンス大さじ1と塩、砂糖を混ぜます。
  • (3)をおこわに加えて5分蒸し、冷めたらラップなどで一口大に丸めて、上にココナッツをトッピングします。下にパンダンリーフを敷いて盛り付けます。
Huyen先生からのポイント! パンダンリーフはエスニック食糧店や上野のアメ横などで入手できます。ケーキ等のお菓子作りにも使えます。

#3 エビフレーク

材料(小鉢1皿分)

  • エビ300g
  • 小さじ1
  • 小さじ1/4
  • こしょう少々

作り方

  • エビは背わたを取り、鍋に酒と一緒に入れてふたをしてゆでます。ゆでたら皮をむき、すり鉢で細かくつぶし、フライパンの弱火でカラカラに乾燥するまで炒ります。塩こしょうで味を付けたら出来上がりです。おこわにかけていただきます。

#4 炒め野菜

材料(4人分)

  • サヤエンドウ1パック(約20個)
  • ニンジン中サイズ1/4本
  • ヤングコーン10本
  • 万能ネギの白い部分(みじん切り)少々
  • 少々
  • サラダ油大さじ1
  • ヌクマム適量

作り方

  • サヤエンドウは筋を取ります。ニンジンは薄切りにして花型で抜きます。沸騰したお湯に塩を加え、サヤエンドウ、ニンジン、ヤングコーンをさっと10秒ほどゆでてざるにあげます。
  • フライパンにサラダ油を引いて、万能ネギを炒めます。香りが立ってきたら他の野菜を入れて強火で炒めます。1分ほど炒めたらヌクマムと塩で味を調えてさらに1分炒めます。

#5 簡単なきゅうりの漬物

材料(4人分)

  • <唐辛子にんにく酢>
  • 赤唐辛子10〜15本
  • にんにく1/2個
  • 100ml
  • キュウリ1本
  • ベトナムの調理塩(砂糖や調味料などが入ったもの)小さじ1/2

作り方

  • 唐辛子は洗って水を切ります。にんにくは皮をむいて、大きければスライスします。酢を入れるビンとふたを熱湯消毒し、乾かして熱が冷めたら唐辛子とにんにくを入れ、ひたひたにつかるまで酢を入れます。酢は少し多めでも構いません。ふたをして2日間ほど置くと唐辛子にんにく酢が出来上がります。
  • キュウリは半月切りか斜め切りにして、調理塩と砂糖を絡めたら唐辛子にんにく酢に30分ぐらい漬けたら食べられます。赤唐辛子と一緒に盛り付けます。

#6 緑豆ぜんざい

材料(小さなビン4個分)

  • 皮むき緑豆25g
  • <くずゼリーの材料>
  • 250ml
  • 砂糖40g
  • くず粉またはタピオカ粉15g
  • ココナッツミルク適量
  • 装飾用ココナッツ適量

作り方

  • 緑豆はさっと洗ってから50℃前後のお湯に30分浸して戻します。鍋にたっぷりの水と戻した緑豆を入れて沸騰したら、わずかに水気を残してお湯はほぼ捨てて、鍋にふたをして緑豆が柔らかくなるまで蒸らします。
  • 鍋に水と砂糖を入れて火にかけます。くず粉は少量の水(分量外)と混ぜておきます。鍋が沸騰したら緑豆を入れて軽く混ぜ、水を加えたくず粉を注ぎながら混ぜます。透明になればぜんざいの出来上がりです。器にぜんざいを入れた上からココナッツミルクを注ぎ、ココナッツを飾っていただきます。

このページをシェアする