桜開花情報2016は終了しました。
ご覧いただきありがとうございました。

Katerina先生のロシア風お花見弁当

見た目も食べ応えもボリューム満点のキエフ風チキンカツレツ。少なめの油で揚げてグリルで蒸し焼きにするので、見た目ほどしつこくなく食べやすくなります。詰め卵は半割りした白身に具材を詰めて、見た目の愛らしさでお弁当が華やかになります。ディルやパセリなどハーブの利いた爽やかな風味も特徴です。「ロシア人はどんな料理でもライ麦の黒パンとよく一緒に食べるの」とKaterina先生。ロシアの食卓に欠かせない黒パンと一緒にどうぞ。

#1キエフ風チキンカツレツ #2ポテトパンケーキ ドラニキ #3ビーツサラダ #4マッシュルーム詰め #5ニンジンサラダ
  • Katerina先生 西部のサンクトペテルブルク出身。料理は幼少期に毎夏、ウクライナで一緒に過ごしたおばあちゃん仕込み。おじいちゃんからもらった名前入りの銀スプーンを宝物に、来日して1年。スラリとしたキュートなルックスが魅力。「趣味はロシアの伝統的な図柄のイラストレーション」とトランクいっぱいに詰め込んだ絵描き道具を愛用。 この先生の料理教室に参加したい方はこちら!

#1 キエフ風チキンカツレツ

材料(4個分)

  • バター200g
  • ディルや万能ネギ、パセリなど大さじ2
  • にんにく2片
  • 鶏ムネ肉4枚(1枚約190g)
  • 薄力粉70g
  • 2個
  • パン粉150g
  • サラダ油大さじ4
  • 塩・こしょう少々
  • ナツメグ少々
  • 糸状チーズ(おろしたものでもOK)75g
  • レモン1/2個

作り方

  • バターを室温に戻します。ディルやパセリはざく切り、万能ネギは小口切り、にんにくをみじん切りにしてバターと一緒によく混ぜます。細長い棒状に丸めてラップに包み、冷蔵庫で10分ほど寝かせて固めます。ハーブの量はお好みで調節してください。よく混ぜるとハーブの香り高いバターになります。
  • 鶏肉は筋を取り除き、ラップをかぶせた上から包丁の背でトントンとたたいて平らにのばします。冷蔵庫で固めたバターを1.5cmほどの輪切りにし、鶏肉4枚分に均等に分けて、ラップを外した鶏肉でバターを包みます。鶏肉をたたく時は穴が開かないよう、注意しましょう。隙間が開かないようにしっかりと包み、必要であれば肉の切れ端で隙間をふさぎます。衣をつける前に穴や隙間がないかしっかりチェックしましょう。
  • 衣の材料となる薄力粉、溶き卵、パン粉を用意し、それぞれ塩・こしょうで味を付けておきます。パン粉にはナツメグとチーズも一緒に混ぜます。バターを巻いた鶏肉に薄力粉→卵→パン粉をつけたら、もう一回、卵→パン粉にくぐらせて、衣を二重にします。冷蔵庫で15分ほど休ませて衣をなじませます。パン粉の代わりに乾燥したお麩をラップに包んでつぶしてもOKです。揚げるとパン粉より柔らかな食感になります。
  • 鍋で油を熱し、中強火でカツを色よく揚げます。油の量はカツが下から半分つかる程度で十分です。下半分が揚がったら、ひっくり返してもう片方を揚げます。揚がったカツをペーパータオルで包み、余計な油を軽く吸い取ります。(4)では表面がムラなくしっかり揚がっているかを確認しましょう。(5)で中まで火を通します。
  • アルミホイルの四つ端を折った皿にカツを乗せ、さらにアルミホイルを上からかぶせてふたをし、水を敷いた魚焼きグリルの中火で10分蒸し焼きにします。グリルの代わりにオーブンや鍋を使ってもできます。
Katerina先生からのポイント! 鶏肉は穴や隙間がないよう十分に確認し、衣をつける時もそっとね!食べる間際にナイフを入れてバターがこぼれる瞬間を目でも味わって。

#2 チーズとマッシュルームの詰め卵

材料(8個分)

  • 4個
  • マッシュルーム2/3カップ
  • 玉ねぎ中サイズ1/2個
  • 細切りチーズ小さじ2
  • マヨネーズ大さじ2
  • にんにく1片
  • 装飾用のディルやパセリ(好みで具材に混ぜても可)
  • 塩・こしょう少々

作り方

  • 卵を固ゆでにして冷まします。白身を器にするので、半熟にならないよう注意します。殻をむいて包丁で縦半分に切り、白身を傷つけないように黄身だけを取り出してフォークでつぶします。
  • 玉ねぎをみじん切りにし、フライパンに油を引いて7分ほど中火でじっくり炒めます。 石づきをとってみじん切りにしたマッシュルームを加え、さらに5分ほど炒めたら、火からおろして冷まします。
  • (1)でつぶした黄身に炒めた玉ねぎとマッシュルーム、チーズ、みじん切りしたにんにく、好みでざく切りにしたディルやパセリ、マヨネーズ、塩・こしょうを加えてよくかき混ぜます。
  • 卵の白身に(3)の具材を少しはみ出すくらい詰めて、ディルやパセリの葉で飾ります。
Katerina先生のポイント! 詰め卵は大きな一口で一気に食べるのが醍醐味。ちょっと多いかなと思うくらい山盛りに盛り付けましょう。

#3 ポテトパンケーキ ドラニキ

材料(4人分)

  • ジャガイモ中サイズ4個
  • 玉ねぎ中サイズ1個
  • 1個
  • 薄力粉大さじ3
  • 塩・こしょう少々
  • サラダ油大さじ2
  • ヨーグルト大さじ4
  • ディルや万能ネギなど適量

作り方

  • ジャガイモの皮をむいて1cmほどの大きめのみじん切りにします。薄力粉、みじん切りした玉ねぎ、溶いた生卵を加え、塩・こしょうで味付けし、よく混ぜます。
  • フライパンを加熱し、サラダ油を引きます。スプーンで具材をフライパンへ落とし、5cmほどのパンケーキのような形にして焼きます。
  • 片面が黄金色になったらひっくり返してもう片面を焼きます。ざく切りしたディルや小口切りの万能ネギを混ぜたヨーグルトにつけていただきます。

#4 ビーツサラダ

材料(4人分)

  • ビーツ1缶(固形量70g)
  • グリーンピース20g
  • ピクルス30g
  • クルミ10g
  • にんにく1片
  • マヨネーズ大さじ2
  • 塩・こしょう少々

作り方

  • ビーツは細切りに、ピクルスは一口サイズに切り、クルミは包丁で細かく砕きます。にんにくはみじん切りか、好みですりおろしてもOKです。全ての材料をマヨネーズで混ぜ合わせ、塩・こしょうで味付けしたら完成。柔らかく甘酸っぱい味わいに、クルミがいいアクセントになっています。

#5 ニンジンサラダ

材料(4人分)

  • ニンジン中サイズ1本
  • 細切りチーズ15g
  • にんにく1片
  • マヨネーズ大さじ2
  • ディルや万能ネギ適量
  • 装飾用パセリ

作り方

  • ニンジンはせん切り、にんにくはみじん切り、ディルはざく切り、万能ネギは小口切りにします。全ての材料をマヨネーズで混ぜ合わせ、パセリを飾って出来上がりです。さっぱりした風味とシャキシャキの食感が楽しめます。

このページをシェアする