桜開花情報2016は終了しました。
ご覧いただきありがとうございました。

お花見人気エリアのデイトリップ案内 神奈川

鎌倉の
桜名所&立ち寄りスポット

数々の歴史ある寺院や神社、史跡が残り、国内のみならず、毎年、多くの外国人観光客も訪れる「鎌倉」。東京から電車でわずか一時間という立地ながら、海も山もあり、豊かな自然が残されています。お花見スポットといえば、やはり源氏とゆかりのある鶴岡八幡宮、源氏山公園が人気です。お花見のあとは、「鎌倉大仏」や「鎌倉文学館」など、歴史や文学に触れられるスポットめぐりもいいですが、湘南の海を眺めながら、のんびりと「江ノ電」に乗って、「江の島」まで足を伸ばすのもおススメです。

鎌倉のおすすめ桜名所

鎌倉の立ち寄りスポット

江ノ電

箱式車両で海沿いを駆け抜ける

江ノ電
(上・左)写真提供:鎌倉市観光協会

1902(明治35)年の開業から、100年以上の歴史を誇る「江ノ電」。鎌倉駅から江の島を経て藤沢駅までの約10kmを結んでいます。約34分の沿線では、海は元より、山、川、トンネル、街中まであり、バラエティーに富んだ車窓風景が見られます。家々の軒先すれすれをゴトゴト走るのどかさに心が和みます。緑の車両がトレードマークですが、開通95周年記念に造られた紺色のレトロ車両も走っています。

おすすめポイント

江ノ島駅〜腰越駅、極楽寺駅〜長谷駅などで、車窓から民家の桜が見られます。ドラマの撮影などにもよく使われる極楽寺駅前の広場にも桜があり、絶好のフォトスポットです。

住所
神奈川県鎌倉市〜藤沢市
電話番号
0466-24-2715
URL
http://www.enoden.co.jp/
営業時間
鎌倉駅発は始発5:47〜最終23:55
藤沢駅発は始発5:36〜終電23:49
電車での行き方
江ノ電鎌倉駅はJR鎌倉駅に隣接Yahoo!路線で見る
車での行き方
江ノ電鎌倉駅までは横浜横須賀道路朝比奈ICから車で20分
駐車場の有無
なし
料金
片道300円

鎌倉文学館

鎌倉ゆかりの文士や文化人の足跡をたどる

鎌倉文学館

鶴岡八幡宮や源氏山公園から車で約20分の、旧前田侯爵家の別邸を補修・改築した鎌倉文学館。昭和初期の雰囲気が残る洋館は、国の登録有形文化財。館内の常設展では、鎌倉にゆかりの深い文学者、川端康成、芥川龍之介らの原稿、手紙、愛用品などを展示するほか、『万葉集』や『平家物語』など、鎌倉にまつわる古典文学作品も紹介しています。テラスや庭園からは緑に包まれた鎌倉の町並みと由比ケ浜の海を見渡せます。

おすすめポイント

館内のミュージアムショップでは、中原中也、小津安二郎の一筆箋各411円など、鎌倉ゆかりの人物にまつわるグッズも販売しています。お土産に最適です。

住所
神奈川県鎌倉市長谷1-5-3 Yahoo!地図で見る
電話番号
0467-23-3911
URL
http://www.kamakurabungaku.com/
営業時間
9:00〜17:00(10〜2月は〜16:30)、入館は閉館30分前まで
休業日
月曜(祝日の場合は開館)、展示替え期間、特別整理期間
電車での行き方
江ノ島電鉄由比ケ浜駅から徒歩7分Yahoo!路線で見る
車での行き方
横浜横須賀道路朝比奈ICから車で25分
駐車場の有無
なし
料金
入館300〜400円(展覧会により異なる)

Yahoo!ロコで詳細を見る

江の島

展望灯台や水族館などお楽しみがいっぱい

江の島
(上)写真提供:鎌倉市観光協会

湘南海岸から相模湾へと突き出た「江の島」は観光やデートスポットとして人気。江の島のシンボルとして親しまれる、高さ約60mの「江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)」からは、富士山や丹沢連峰、伊豆大島などが望めます。ロマンチックな夕景や、夜のライトアップもおすすめです。約8000匹のマイワシの大群が回遊する大水槽や、クラゲの球形水槽が幻想的な「新江ノ島水族館」もあり、見どころが満載です。

おすすめポイント

「新江ノ島水族館」では、3月15日〜4月17日までクラゲと桜がコラボレーションした3Dプロジェクションマッピングを上映。クラゲと桜の織り成すロマンチックな世界を堪能できます。

住所
神奈川県藤沢市江の島Yahoo!地図で見る
電話番号
0466-22-4141(藤沢市観光センター)
URL
http://www.fujisawa-kanko.jp/
営業時間
散策自由
休業日
なし
電車での行き方
小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩10分Yahoo!路線で見る
車での行き方
横浜新道上矢部ICから車で40分
駐車場の有無
747台(300円〜/60分)
料金
なし

高徳院(鎌倉大仏)

春にしか見られない日本三大仏の特別な姿

高徳院(鎌倉大仏)
写真提供:鎌倉市観光協会

「鎌倉大仏」は鎌倉唯一の国宝。像高約11.31m、顔だけで2.35mあり、重さは約121トン。寛元元年(1243)に完成した当初は木造でしたが、建長4年(1252)に青銅製の大仏鋳造を開始。明応7年(1498)の大地震で大仏殿が損壊して以降は、露座の大仏へ。胎内に入ると、下から8層に分けて鋳造した跡がよくわかります。長谷駅から北鎌倉駅まで、所要1時間の大仏ハイキングコースもあり、道中から見る海もまた格別です。

おすすめポイント

大仏背後の観月堂前にも桜が植えられています。春には、ちょうど大仏の右手から、大きな桜が枝をのばす格好に。晴れやかな鎌倉の春と神秘の国宝、鎌倉大仏との組み合わせは何ともいえない風情です。

住所
神奈川県鎌倉市長谷4-2-28 Yahoo!地図で見る
電話番号
0467-22-0703
URL
http://www.kotoku-in.jp/
営業時間
8:00〜17:30(10〜3月は〜17:00)
休業日
無休
電車での行き方
江ノ島電鉄長谷駅から徒歩7分Yahoo!路線で見る
車での行き方
横浜横須賀道路朝比奈ICから車で30分
駐車場の有無
なし
料金
拝観200円(胎内別途20円)
備考
2016年1月13日〜3月10日まで大仏保存・修理工事

Yahoo!ロコで詳細を見る

このページをシェアする