桜開花情報2016は終了しました。
ご覧いただきありがとうございました。

お花見人気エリアのデイトリップ案内 埼玉

秩父の
桜名所&立ち寄りスポット

都心から特急で80分、日帰りで行ける「秩父」。荒川支流の清流と秩父盆地を中心とした、山に囲まれた自然豊かなエリアです。江戸時代より養蚕業が盛んで、絹織物の「ちちぶ銘仙」が有名です。お花見スポットとしては、「美の山公園」のソメイヨシノ、「羊山公園」の芝桜などが人気です。川下りで自然を満喫したり、織物博物館やSLで伝統や文化を感じたりできます。パワースポットが多数あることで有名な神社をお参りし、運気をアップしたいですね。

秩父のおすすめ桜名所

秩父の立ち寄りスポット

三峯神社

ご利益が盛りだくさんのパワースポット

三峯神社

奥秩父の標高1102mの三峰山に鎮座。秩父神社、宝登山神社と並ぶ秩父三社の一つ。約1900年前に東征する日本武尊によって創建されたと伝えられます。極彩色の本殿、権現造りの拝殿はいずれも重厚な雰囲気。拝殿前の石畳に水をかけると、縁起の良い龍が浮き出てきます。境内には願望実現、仕事運・金運アップ、浄化などのご利益があるパワースポットが多数あります。周辺の県道278号沿いは桜並木が見事です。

おすすめポイント

2本の木が一つに合わさった縁結びの木は恋愛運がアップするとされています。好きな人の名前を備え付けの紙に書いて収めると、恋が叶うとか。石段両脇にあるご神木にお祈りすると、“気”をもらえます。

住所
埼玉県秩父市三峰298-1 Yahoo!地図で見る
電話番号
0494-55-0241
URL
http://www.mitsuminejinja.or.jp/
営業時間
6:30〜17:00
休業日
無休
電車での行き方
西武鉄道秩父駅から西武観光バス急行三峰神社行きで1時間15分、終点下車、徒歩10分Yahoo!路線で見る
車での行き方
関越道花園ICから車で1時間30分
駐車場の有無
280台(1日500円)
料金
境内自由

Yahoo!ロコで詳細を見る

荒川ライン下り

天然記念物の奇岩を眺めながら川下り

荒川ライン下り

埼玉県中央部を流れ、東京湾に注ぐ荒川を職人手作りの木製舟で下る「荒川ライン下り」。のどかに航行していたかと思うと、急流をスリリングに下る場面もあり、川下りの醍醐味を満喫できます。船頭さんの軽快なガイドも楽しく、思わず聞き入ってしまいます。長瀞駅から高砂橋までの荒川沿いの道、北桜通りも散策してみましょう。600本の桜による桜並木が約4km続き、まさに桜のトンネルそのものです。

おすすめポイント

国の特別天然記念物に指定されている岩畳は必見。隆起した結晶片岩が、畳のように幾重にも連なった状態になっているもので、自然の神秘を感じられます。

住所
埼玉県長瀞町長瀞531-1Yahoo!地図で見る
電話番号
0494-66-0890
URL
http://www.arakawa-line.co.jp/
営業時間
9:00〜16:00
休業日
無休(荒川の増水・渇水の際は欠航あり)
電車での行き方
秩父鉄道長瀞駅から徒歩すぐYahoo!路線で見る
車での行き方
関越道花園ICから車で30分
駐車場の有無
80台(無料)
料金
チャレンジ/ロマンチックコースは中学生以上1600円、小学生以下800円

Yahoo!ロコで詳細を見る

ちちぶ銘仙館

伝統の秩父織物を織ったり染めたりできる

ちちぶ銘仙館

「美の山公園」から車で約30分。「銘仙」とは、平織りで裏表がない絹織物。経糸に型染めをする「ほぐし捺染」による、大胆で華やかなデザインが特徴。秩父銘仙の製造工程を見ることができ、彩り美しい反物も展示しています。館内には体験工房があり、織機を使った織り体験、ハンカチや巾着に型紙を使って染める体験などができます。所要時間30分〜1時間で手軽にできるので、自分だけのオリジナルアイテムを作ってみては。

おすすめポイント

昭和初期の面影が漂う本館やノコギリ屋根の工場棟も必見です。旧埼玉県秩父工業試験場を利用しており、国の登録有形文化財にも登録されています。

住所
埼玉県秩父市熊木町28-1 Yahoo!地図で見る
電話番号
0494-21-2112
URL
http://www.meisenkan.com/
営業時間
9:00〜16:00(体験受付は15:00まで)
休業日
無休
電車での行き方
西武鉄道秩父駅から徒歩5分Yahoo!路線で見る
車での行き方
関越自動車道花園ICから車で35分
駐車場の有無
20台(無料)
料金
入館15歳以上200円、小中学生100円

Yahoo!ロコで詳細を見る

SLパレオエクスプレス

レトロなSLで秩父の自然を駆け抜けよう

SLパレオエクスプレス

秩父の自然の中を疾走する「SLパレオエクスプレス」。昭和19(1944)年に製造され、現役時代は東北を中心に活躍。昭和47(1972)年に引退、昭和63(1988)年の「さいたま博」から運転を再開しました。下りは秩父鉄道熊谷駅が始発、上りは三峰口駅が始発。約56.8kmの道のりを約2時間40分かけて駆け抜けます。ひろせ野鳥の森〜大麻生、上長瀞〜親鼻、武州日野〜白久間などで車窓から桜が見られます。

おすすめポイント

車内では、ミニチュアからスイーツまで、SLオリジナルグッズも販売しています。SLパレオエクスプレスのナンバープレート「C58363」が焼印されたどら焼き5個セット750円はお土産にも最適。

住所
埼玉県熊谷市〜秩父市Yahoo!地図で見る
電話番号
048-523-3317(秩父鉄道SL係)
URL
http://www.chichibu-railway.co.jp/slpaleo/
営業時間
熊谷駅発は平日10:12、土曜・休日10:00、三峯口駅発は平日14:00、土曜・休日14:03
休業日
4月2日から、土曜・休日を中心に運行開始。
運転日要問合せ
電車での行き方
熊谷駅へは JR高崎線、上越・北陸新幹線が接続Yahoo!路線で見る
車での行き方
熊谷駅へは関越道東松山ICから車で40分
駐車場の有無
なし
料金
普通乗車券のほか指定席券720円、自由席券510円

Yahoo!ロコで詳細を見る

このページをシェアする